30代独身IT派遣の資産形成

新参フリーランスの資産形成

投資・キャリアアップで資産形成し30代でのセミリタイアを目指します。

水面にたゆたう一本の小枝のように大時化が通り過ぎるのをただ待つのみ

f:id:whitia1:20200326114908j:plain

スーパーに買い出しに行った。

スーパーに入る前から混雑していて訝しんでいたら、入り口から店内に延々と続く長蛇の列が店中に広がっていた。

ティッシュはいくらか残っていて、ようやく買い占め勢がいなくなったか、と思っていたら、袋麺やパスタといった乾麺類が根こそぎなくなっていた。

この間来たときは乾麺類は平時より若干少ないくらいかなという程度まで品薄が解消されていたはずなのに、今度は品薄を通り越して完全に品切れ状態になっていた。

乾麺は諦めてその他の品物をかごに入れて一階に戻った。先程も書いたように一階は長蛇の列で店内が埋め尽くされている。

この列はいったいなんなのか。列を遡ってみるとなんてことない、ただのレジの順番待ちだった。

冗談じゃない、こんなのに並んで待ってられるか。私は買い占めもせず平時と変わらないいくつかの品物を買おうとしてるだけなのに、こんな列に並んでいたらゆうに1〜2時間はかかる。

結局、品物は棚に戻して何も買わずに帰ってきた。

しょうがない。こうなったら1日1食にして耐え忍ぶか、あるいは餓死を待つのみだ。列に並ぶくらいなら餓死する。

いったいどうなってるんだ。この間来たときはだんだん平時に戻りつつある雰囲気を感じたのに、今になって再びこの有り様。

どうやら日本だけじゃなくフランスやイタリアといったヨーロッパでも買い占めによる品切れ状態が続いているらしい。

3.11のときも一時的にスーパーから商品が消えるという事態に陥ったが、1週間もすればもとに戻っていたように思う。

あのときも何も買わずにいて1日1食とかにしてやり過ごしていた。あのときはすぐに平時が戻ってきたからなんとかなった。

商品が戻ってきているのを見て「品切れなんてすぐに解消される。わざわざ買い占めなんてするやつは馬鹿だ」と思っていた。

わかってる。今も昔も私は1人なので自分のことだけ考えればいい。自分1人が耐えればいい。

でも世の中の大半の人はそうじゃない。育ち下がりの子どもを持つ親だってたくさんいる。

子どもにひもじい思いをさせたくないから長蛇の列に並んでまで商品を買う必要がある。

誰も彼もが私利私欲のためだけに商品を買い占めているわけではない(中にはそういう輩も少なからずいると思うけど)。

私のような1人で生きているものが割りを食えばいい。幸い、我慢することにはなれている。

感傷的になっているわけではない。悲観的でもなく、むしろ楽観的だ。

あいも変わらず今の状態はそう長くは続かないだろうと考えている。1週間か2週間か、どれくらい先かはわからないけど、そう遠くないときには平時が戻っている。

投資だってそう。記事に書いたとおり私は今の相場を見て悲観的になるどころか絶好の買い場だと思っている。

生活防衛資金に手を出したり定期預金を解約したり、まして借金をして投資資金にするのは愚の骨頂だと思うが、余剰資金をこの相場に活かさずどこで活かす。あくまで余剰資金の範囲内でね。

しかしなんでまた品薄が再開されたんだろう。またネットで馬鹿がデマでも流したのか。

ちなみに、うちにはティッシュもトイレットペーパーもマスクもこの状態になる前にたまたま買ってあったので別段困ってない。買い占めなんてしてない。そういうのに参加するのがめんどくさい。

買い占めて転売する人は決して褒められたものではないけど、そのバイタリティだけは尊敬するわ。

水面にたゆたう一本の小枝のように大時化が通り過ぎるのをただ待つのみ。

 

追記

dot.asahi.com

これかよ。

ニュースは一日一回、夜しか見ないんで今の今まで知らんかったわ。

都知事の発言が直接買いだめに繋がるとも思えないんだけど、なんで世の中の人間は我先にと買いだめしてるんかね。

私みたいなもんは海の藻屑と消えちまうよ。

含み損がとどまるところを知らない

f:id:whitia1:20200320161235p:plain

もう笑うしかない。

まさに落ちるナイフを掴んだからこうなったのか。いや、余剰資金はまだまだある。ここまできたら後戻りはできない。どの道使う予定のないお金なんだからここで投入しなければどこで投入する?

もし、万が一大損ぶっこいたらこのブログは二度と更新しなくなります。そうなったら「ああ、あいつ死んだんだな、ざまあみろ」とでも思ってあざ笑ってくれ。

私が投資を始めた頃はリーマンショックみたいな大暴落でもなく、かと言って上り調子でもないいわゆるトンネル期間だった。初年度のトータルは-38万円。

それ以降は緩やかに上昇傾向にあり、+30万円程度までいっていた。プラスではあるが物足りない気持ちはあった(ギャンブル志向に陥るのが恐くて自制していた)。心のどこかで「暴落こないかなぁ」と考えていた。

まさに今がそうなんじゃないか?この考えは甘いのか?過去、大損ぶっこいて退場していった先人たちと同じ思考回路に陥っていないか?

あくまで個人的見解だが、今の相場はちゃんと理由のある変動だから、その理由さえ解消されれば返り咲く芽は残っている気がする。

私が投資しているのは仮想通貨のような泡沫ではない。平時であれば緩やかに上昇していくのが約束された商品なんだ。

こんな相場でさえ一気に買い込むことはしない。ささやかではあるがドルコスト平均法の教えに従ってちまちまと積み上げていく。

ポートフォリオの中で特に下げ傾向にあるのが国内株式で、私のポートフォリオ比率もマイナス(つまり不足している)になっている。

正直、国内の経済は信用できないのでこれ以上買い込む必要はあるのだろうかという気がしている。この間ポートフォリオ比率を見直して国内株式の割合を減らしたばかりだが、さらに減らす必要があるのか。どうなんだ。

いろいろと書いたけど、今の私に「売り抜く」「損切り」という選択肢は初めからない以上、買うか買わないかしかない。

その2択だったら買わざるを得ないんだよね。仮に買わないという選択をしたとしても機会損失のリスクは常に付きまとうから。

生活防衛資金を切り崩したり、まして借金までして買うのは真正の馬鹿だけど、余剰資金という範囲内であれば好機以外の何物でもない。

この程度で日和るな。死なばもろとも。地獄で会おう。

大時化の中を通って黄金郷にたどり着くくらいなら、一生を凪の上で過ごしたい

f:id:whitia1:20200228091619p:plain

先日よりさらに下がっているのでまた買い増し。

ポートフォリオがだいぶ理想に近付いてきた。アクティブ・ファンドさえ売ってしまえば完全に一致する。

国内株式が下がり続けていて最も買い時ではあるけど、私のポートフォリオでは国内株式の比率を下げたばかりで余分に持っているくらいだから今のタイミングで買い増しはできない。

頑なに設定した保有比率に従ってポートフォリオを維持するのが大事。

現金はまだいくらかあるのでさらなる恐慌が訪れたとしてもまだ大丈夫。

当面の生活防衛資金と大恐慌に備えた余剰資金を確保しておくのも大事。

なんだかんだで投資を始めて1年半くらい経つが、これがこれまでに得た知見。

ポートフォリオを作るのが難しかったり面倒だと思うならバランスファンドだけを買い続けるのでも問題ないと思う。

インデックスファンドの中でもリバランスの必要がないバランスファンドが最も楽でリスクの少ない選択ではないかと。

私は何を思ったか最初にポートフォリオを組んでしまったので、それに従うしかなくなってしまったが、今から始めるならバランスファンドオンリーにしていたかもしれない。

私はそれほど大金がほしいわけではない。

物欲はないほうなので、とりあえず生活できるだけのお金さえあればそれで満足できる。

もし大金があったら今より物欲があったかもしれない…?

毎日美味しいもの食べて、いい部屋に住んで、いい車に乗って、好きなときに好きなところへ行ける…

そんなこと考えるだけ無駄だ。

過去のことで悩むくらいナンセンスな話。

大時化の中を通って黄金郷にたどり着くくらいなら、一生を凪の上で過ごしたい。

下げ調子のときこそ買い時

f:id:whitia1:20200226102145j:plain

仕事の報酬金が振り込まれた。

ちょうど株価が下がっているのでここぞとばかりに投資信託を買い増しした。

買い増しした投信は先進国株式。つみたてNISAのボーナス枠を利用して一気に100,000円分購入。

私のポートフォリオの中で最も成績の良いのが先進国株式なので、先進国株式の保有比率を増やそうとリバランスしていた。

しかしなかなか買い時が訪れなかったので実際の買い増しはできずにいた。

私のポートフォリオで先進国株式は40%を占める。

一応リスクヘッジのために他のアセットクラス(国内債券など)も持っている。

私としては先進国株式を40%まで増やしたのはかなりリスクを取っているつもり。

しかし世間には先進国(というか米国)の株式オンリーという買い方をしている人が多くてビビる。

伸びているうちはいいけど、投資の世界は何があるかわからないから(特に素人にとっては)、わずかでもいいので分散させたほうがいいと思う。

昨今の投資ブームでそのへんの大学生とかがFXをレバレッジ何百倍でしているのを見ると哀れみすら感じる。

本人的には投資(実際には投機ですらなくただのギャンブル)をしている自分が利口だと思っているのだろうか…

他人のことをとやかく言えるほど余裕ある身分ではないが…

誰だって短期間で大金を手に入れたいと思う。大金さえあれば仕事なんてしなくてもいいから。

1を10にするのは非情に難しい。しかし10を11にするのは大して難しくない。

10を11にできたら次は11を12に。そういうふうに地道に増やしていくのが大半の人間にとっては近道だと思う。気付いたら1を10にするくらいの結果にはなっている。

夢を見るのは仮想通貨でやめた。

仮想通貨は約1年前に天に召されたデスクトップPCのHDDに入っているんだけど、最近HDDだけサルベージできたので、万が一再び再燃するようなことがあればそのタイミングで売りぬくつもり。

whitia.hatenablog.jp

仮想通貨を買っていたときは、まさに大学生がFXをするような心理状態で、「黎明期に参戦している自分」に酔っているフシがあった。

遅かれ早かれ失敗することは確定的だった。

その反省を活かしていまは徹底的にリスクヘッジをとっていく。

バレンタインデー前後はチョコが買いにくくなるから嫌だよね

f:id:whitia1:20200214203315j:plain

今日はバレンタインデー。クリスマスイブと同様、非モテ諸氏を無為に苦しめる悪魔の日。

何もしてないのに劣等感を強制的に味わわされるなんともやるせない日だ。

お気づきな通り私は非モテに属するわけだが、今年は1個チョコを貰った。従姉妹から。

数日前に従姉妹から連絡があり、渡したいものがあるから家にいっていいかと言ってきた。

はじめ、連絡が来たときはバレンタインデーとの因果関係はまったく考えなかった。そういうのに無縁すぎてバレンタインデーの存在自体が脳から欠落していたから。

従姉妹の家は神奈川にあり、うちからは結構離れている。にもかかわらずわざわざ渡したいものがあるからと言ってきたので、一体何なんだと訝しんでいた。

その後、もうすぐバレンタインデーということを思い出し、まさか渡したいものってチョコか?と感づいた。

そしてその予想通り、渡したいものとはチョコだった。

もちろん義理チョコではあるけどもらえるとやっぱり嬉しい。

前職に勤めていたとき、会社にやってきた保険のセールスレディから余り物のチョコを大量にもらったことがあった。

おそらくそれまでに配り歩いていたものの余りを私で処分した感じだった。

まあチョコは嫌いじゃないんでありがたくもらっておいた。

従姉妹は職場に配る用のチョコを新宿に買いに行くと言っていた。年に一度とはいえ大変だと思う。

女性はチョコを用意する必要があるし、あげないならあげないで角が立つというプレッシャーがあるから少し不憫。

 

数日前に地元の友だちから連絡があった。

「○○(私)のサイト見つけた!」

私はポートフォリオサイトを本名でやっているので、名前で検索したら引っかかることだとは思う。

別に隠していたわけじゃないが、あえて言うことでもないので教えていなかった。

見られて困ることは何もないので別にいいんだけど、冷静に考えたら友達は私の名前で検索してた可能性が高いことを考えると少し怖くなった。

遠い土地に行ってしまい会うことも難しい人のことを忘れずにいてくれて、連絡をしてきてくれたのは嬉しい。

去るものを追う気はないが向こうから来てくれるなら、そういう関係は大切にしていきたい。

激安商品『yumyum』『FUKKURA BURGER』のコスパは異常

f:id:whitia1:20200203072145j:plain
whitia.hatenablog.jp

以前、スーパーに売っていた激安の袋麺が意外と美味しかったという記事を書いた。

記事を書いた翌日くらいにもう一度スーパーに行って袋麺を買い込んできた。

近所のスーパーはときどき新製品を入荷しては実験的に棚に並べ、売れ行きがよくないと見切ると即座に入荷しなくなる。実際、さらに数日後にスーパーに行ったときには激安袋麺は商品棚からその姿を消していた。

手前の赤いのは以前食べたものとは違うもので、シュリンプ風味らしい。

しかしこの赤いのは美味しくなかった。まずスープに酸味がついていて、酸っぱいのが苦手な私は受け付けなかった。

それからシュリンプ(小エビみたいな感じ)も別に好きじゃないことに買ってから気付いた。

なんとか食べきったけど赤いのは二度と買うことはないだろう。買おうと思っても今はもう買えないけど。

f:id:whitia1:20200203073133j:plain

山崎製パンのこのハンバーガーが好き。ひとつ100円でマックのハンバーガーと比べて値段の割に食いでがある。

赤は近所のスーパーに売っていて、黄は近所の100円ローソンに売っていた。

惣菜パンコーナーにハンバーガーは数種類あるが、このハンバーガーが人気なのか品切れになっていることがよくある。見つけたらラッキーと思って2個買う。

赤はオーソドックスなハンバーガーという感じで、黄はソース以外は左と同じ。つまりソースだけ違う。

マックのハンバーガーと比べてパテにジューシーさはない。しかしこちらのほうが食いでがあるので気に入っている。

赤と黄だったら赤のほうが好きかな。黄はそんなにスパイシーでもないので物足りない反面、辛いのが苦手な人でも食べられる。

ひとつ100円程度なことを考えるとお値段以上であることは間違いない。

最近は安くてもそれなりに美味しい商品が多くて嬉しい。

前職の後輩から久しぶりに連絡が来た

f:id:whitia1:20200201234519j:plain

前職の後輩から久々に連絡があった。前職を辞めて以来だから約10ヶ月ぶりくらい。

今年の3月で今の会社を辞めるらしい。次はまだ決まってないらしいがなんとかなると楽観的だ。

後輩が辞めるということは本人から聞いていたので知っていた。真面目な後輩のことだから世間で言われている「最低3年は続けろ」という教訓に従ってきっちり3年続けたので辞めることにしたんだろう。

3年という数字にはあんまり意味がなくて、実はスキルさえ持っていれば1年でも構わないと思う。

ただ普通の人が仕事に習熟するのはだいたい3年が必要だろうという憶測で語られているだけだと思う。

前職では後輩と仕事をしていたのでスキルがどれくらいかは知っている。

とにかく真面目なので与えられた仕事は黙々とこなして一定の成果を上げることは得意だった。

ただし1年前までは誰かから指示をもらって動くことしかしていなかった(若いからしょうがない)。この1年でどれだけ成長したかな。

「落ち着いたら遊びに行きますね!」

地元にいたとき、後輩とはたまに遊んだりすることもあった。

別の土地から私の地元に来た後輩を車に乗せて地元の案内をしたり、深夜に急に呼び出して動画撮影に付き合わしたり、後輩の部屋に押しかけてタコパしたり、遠出してジビエ肉の買い出しに付き合わしたり。

無理やり連れ回すことが多かったような気もするが…

後輩から連絡を寄越してくれて、東京に遊びに行くと言ってくれたのは素直に嬉しい。

人付き合いが苦手な方だけどこうして自分を慕ってくれる人もいる。あのときのことは無駄じゃなかったんだと教えられた。

後輩よ、私はいま無職だ。

こんな私を見ても軽蔑しないでいてくれ。