30代独身IT派遣の資産形成

新参フリーランスの資産形成

投資・キャリアアップで資産形成し30代でのセミリタイアを目指します。

ジェネリック医薬品について調べた

昔、肌が荒れているときに皮膚科の病院に行って薬を処方してもらったことがある。

処方専門の薬局に行くと薬剤師から「薬はジェネリック医薬品になさいますか」と聞かれた。

そのときジェネリック医薬品は聞いたことがあるが何かはわからなかったので薬剤師に聞いてみた。

ジェネリック医薬品」は後発医薬品ともよばれ、新薬(先発医薬品)のおよそ20年間ある特許期間が終えたあとに発売されます。

新薬と同じ量の有効成分で、その効き目や安全性は、厳しい試験※により同等であると認められています。そして、副作用や相互作用のおこる頻度も新薬と同じなのです。

新薬とほぼ同等で安価になるとのことだったのでジェネリック医薬品にした。

新薬との違いは値段と名称の他に以下がある。

  • 味の改良
  • 錠剤やカプセルなどの小型化
  • 口の中でかみ砕いて飲みこめるOD錠
  • 薬自体への印字
  • 取り出しやすい薬のシート
  • 冷所から常温へと保管方法の改善

一般的にはより服用しやすいような改良が加えられていることがほとんどだが、ずっと新薬を服用し続けていた人の中には、新薬に慣れておりそれ以外の薬は受け付けないという人もいる。

そのような人には、新薬と名称だけが異なる「オーソライズジェネリック(AG)」という薬もある場合がある。

もしジェネリック医薬品に抵抗がある場合は覚えておくと役に立つかもしれない。

国民健康保険証が届くと以下のようなシートが添付されている。

f:id:whitia1:20210921103027j:plain

このシールを保険証の余白に貼っておけばいちいち「ジェネリック医薬品で」と言わずに済む。

ジェネリック医薬品のデメリットはあってないようなものなので私はこのシールを貼っている。