30代独身IT派遣の資産形成

新参フリーランスの資産形成

投資・キャリアアップで資産形成し30代でのセミリタイアを目指します。

ワクチン接種(2回目)の経過観察《1日目(接種当日)》

ワクチン接種の経過観察、1日目(接種当日)。

接種後数時間は特に変化なし。6時間経過あたりから接種部位に違和感を覚え始める。特に痛くはないが激しく動かしたら痛いんだろうなという予感がする。1回目と同じならまた数時間もすると本格的に痛み始めると思われる。

体温は37.6℃。1回目は24時間後の37.4℃がピークだったが、2回目は6時間の時点でそれを上回っている。体温を測るたびに少しずつ上っていっているので翌日が心配。

体温が37.5℃を超えたあたりから微熱という範囲を突破し、体調のほうにも影響が出始めた。

具体的にはのぼせたときのように頭がボーッとして少し歩行に支障をきたす。

頭はボーッとするが普通の風邪のときのように鼻水、咳、倦怠感は一切ない。しかしこの先もっと熱が上がると倦怠感は出てきそうな感じはする。

私は普通に生活していても常にどこか気だるさを感じているので少々の熱くらいでは体調の変化に気づきにくい。

昔、薬局に鼻炎薬を買いに行ったとき、接客に来た薬剤師から鼻炎薬を飲むと眠くなることが多いと説明されたが、私は鼻炎薬を飲まなくても常に眠いと返事をしたら笑われた。

顔が熱いのでアイスノンをタオルで巻いたものを患部に当てて冷やしている。もともとこのアイスノンは夏場の弁当を腐りにくくするために買ったものなので結構小さい。小さいからすぐ溶ける。

ワクチン接種から12時間が経過し、接種部位の痛みがより鮮明に顕在化してきた。1回目と同様、左手で重いものを持とうとするなどある程度の負荷をかけると痛む。

食欲は普通にある。いつもと同じ時間に同じ量を食べた。食べ物は事前に作り置きしてあった分と、前日に親が簡単に食べられるものなどを送ってくれたのでそれらを食べた。

ポカリスエットは自分で買ったが、プリンやinゼリー系、各種レトルト品は親から大量に送られてきた。

体温は一時37.9℃まで上がったが、その後シャワーをして測ったら36.9℃まで下がっていた。

その後普通に過ごしていたらまただんだん上がってきて37.7℃まで到達した。

接種当日はこの程度の体温で翌日以降にガーッと熱が上がるのかもしれない。

明日の朝、起きたらその瞬間はっきりと分かるくらいけだるくなっていないか少し不安。

体温が38.0℃を超えたら1回目のときに買っておいた解熱鎮痛剤を飲もうかと思う。1回目は結局微熱程度で治まったので使う機会がなかった。2回目はせっかくなので使ってみたい気もする。