30代独身IT派遣の資産形成

新参フリーランスの資産形成

投資・キャリアアップで資産形成し30代でのセミリタイアを目指します。

スマホの買い替えを決定(現契約編)

私の使っているスマホは買ってから7年7ヶ月が経つ。

このブログでも度々書いているように頻繁に不都合なことが起こるようになり老朽化が顕在化してきた。

そしてようやく重い腰を上げてスマホの買い替えをすべく下調べをしてみた。

調べた結果、自分の中ではあらかた方針が固まった。

まず、今の契約状況がどうなっているか列挙する。

  • 回線:docomo(15年9ヶ月)
  • 契約:タイプXi にねん(10年超)
  • 端末:Xperia A(7年7ヶ月)

初めて携帯電話を買ってもらったのは今は亡きJ-Phoneだった。それから家族内で回線を統一するという理由でdocomoに変わった。それからずっとdocomoで電話番号も変えていない。

タイプXi にねんというプランは、基本使用料が743円でデータ通信が一切できなくて無料通話もない。本当に電話番号だけ維持したいだけという人のためのプラン。

私は別で契約しているWiMAXがあるのでデータ通信はいらない、友達とかとの連絡はLINEかGmailで事足りているのでこのプランに落ち着いた。

タイプXi にねんは2014年8月31日で新規申し込み受付を終了している。

現在でも契約できる同じようなプランであるdocomoのケータイプランの場合、月額1200円。タイプXi にねんの2倍近くする。

Xperia Aは一括で購入した。確か10万円以上した覚えがある。約8年も使っているのに、1年で1万円以上かかっていることになる。

普通の人のように3年とかでスマホを買い換えていたとすると、1年で3万3000円もかかっていることになる。

根っからの貧乏性なんでこういう意味のない年割り計算なんかしてしまいコストについて考えてしまう。

Androidのバージョンは4.2.2で止まっている。端末が古すぎて自動バージョンアップがされなくなった。

バージョンが古いので最近のアプリは使えなくなってきている。

接触確認アプリ COCOAはインストールできない。LINEはアップデートできない。住信SBIネット銀行のアプリはインストールはできるがログインができない。

LINEはPCがあるからいいが、住信SBIネット銀行のアプリはログイン時のスマート認証ができなくなるのでセキュリティ強化のために導入しなければならない。

端末のバッテリーも経年劣化が激しい。何もしてないのにゴリゴリと充電が減っていく。クレードルに挿しても充電されない時がある(クレードルにささっている状態で気づいたら充電が切れていたことがある)。

このように多方面で不都合が生じているため回線も端末も一新しようと思う。

長くなってしまったので乗り換え先については次回。