30代独身IT派遣の資産形成

新参フリーランスの資産形成

投資・キャリアアップで資産形成し30代でのセミリタイアを目指します。

フリーランスの老後に必要な貯蓄

f:id:whitia1:20190625233806j:plain

老後に必要な貯蓄として約2000万円が必要だとする金融庁の報告書がネット界隈を中心に話題になりました。

これは、定年退職した65歳以上の夫と60歳以上の妻の高齢夫婦が30年間生き続けた場合に必要となるお金とのことです。

しかしこれは夫が元会社員で厚生年金に加入している場合のシミュレーションです。

私含むフリーランスは厚生年金ではなく国民年金に加入しているので、老後にもらえるお金は厚生年金より少なくなります。

つまり65歳以上で完全セミリタイアした場合、その後30年生き続けるには約2000万円では圧倒的に足らないということです。

仮に先の例と同条件とした場合、老後に必要な貯蓄は約4800万円が必要だそうです。

まあ、金融庁のシミュレーションだと明らかに支出が多かったり、配偶者の有無などでも変動するかと思いますが、もらえる年金の額が少なくなるのは事実です。

さらに会社員には退職金制度がありますが、フリーランスにはそんなものありません。

だからといって会社員に戻って厚生年金に加入し直す選択肢は私にはありません。

なぜなら私が会社員に戻ったところで雀の涙ほどの給料しかもらえないであろう上、退職金制度がある立派な会社に入ることは困難だと自覚しているからです。

会社員のようにいろいろなしがらみに苛まれることなく、自由にのびのびと働け、それでいて余りあるお金が稼げるフリーランスでいたほうが、私のような人間には合っていると思うのです。

若い時分に自由に使えるお金があれば、その分を投資に回して将来的な資産形成の布石にするといった選択も可能になります(長期投資はそれだけでアドバンテージ)。

いい大学を卒業している人、会社という組織の中でうまくやっていける自信のある人、伴侶・子ども・家が欲しい人は、厚生年金や退職金のある会社員でいたほうがいいと思います。