30代独身IT派遣の資産形成

新参フリーランスの資産形成

投資・キャリアアップで資産形成し30代でのセミリタイアを目指します。

個人事業の開業届出書・青色申告承認申請書の提出

f:id:whitia1:20190411155849j:plain

朝イチに区役所と税務署に行ってきました。

区役所へは国民健康保険国民年金への切り替えに、税務署へは個人事業の開業届出書・青色申告承認申請書の提出を行いました。

国民健康保険国民年金への切り替えは前職の離職証明書が必要です。

離職証明書は自分から会社へ要求しないと発行してくれない場合があるので退職する際は忘れずに要求して受け取っておきましょう。

私は4月になってから慌てて会社へ電話して離職証明書の発行を要求しました。

会社から地元の実家に送られ、それから親に東京のマンションへ郵送してもらったので無駄に時間がかかってしまいました。

こうならないためにも事前に要求しておくことをおすすめします。

ちなみに国民健康保険国民年金への切り替えは退職してから14日以内に行えばいいので割と余裕はあります。

きっと私のように退職する際に離職証明書を要求しなかった間抜けのために猶予期間を設けてくれているんだと思います。

それから国民年金への切り替え手続きには年金手帳が必要ですので忘れずに持っていきましょう。

国民健康保険国民年金への切り替え手続きが終わったその足で税務署へ行きました。

税務署に提出する書類は個人事業の開業届出書と青色申告承認申請書の2枚、それぞれの控えの合計4枚です。

私は書類の作成にはfreeeを使いました。

freeeを使えば簡単に個人事業の開業届出書と青色申告承認申請書が作成できます。

個人事業主の開業手続き、開業届作成を無料でサポート | 開業 freeeから順番に記入していき最後に表示されたPDFをダウンロードしコンビニのネットプリントで印刷してマイナンバーの記入と捺印をして完成。

書類に何の不備もなければ受理されて完了です。5分も掛かりませんでした。

これで確定申告では青色申告ができるようになり、65万円の特別控除が受けられるようになります。

区役所での手続きと税務署での手続き両方あわせて約1時間で終わりました。

現代は便利なツールがたくさん揃っているので一見難しそうな申請なども意外と簡単にできてしまいます。

便利ツールに感謝ですね。