30代独身IT派遣の資産形成

新参フリーランスの資産形成

投資・キャリアアップで資産形成し30代でのセミリタイアを目指します。

来週、辞意を表明します

f:id:whitia1:20190119153352j:plain

私は4月から東京へ行きフリーランスとして働くつもりです。

そのためには今の会社を辞めなければならないのですが、現時点ではまだ会社に辞意を表明していません。

私はIT派遣をしており、普段はクライアント先に常駐して仕事をしているため、自社の上司と一緒に仕事をしているわけではありません。そのため辞めることを伝えるには自社に行く必要があります。

自社に出社するのは月に一回の月例会のときだけです。月例会は普段それぞれの派遣先で働いている自社の人間たちが一同に集う日です。そんな中で上司に「話がある」と話し掛けたところを感の鋭い人に目撃されてしまえば、たちまち社内で噂が立ってしまうことは容易に予想できます。

私は過去にした退職時の経験から、退職することはギリギリまで隠し通したほうがいいことを学びました。そして話をするのはほんの限られた人だけにしたほうがいいです。

そういう理由で月例会のときに話をするのはリスキーなわけですが、そうすると残された手段は1つしかありません。仕事終わりに自社に行って面談をするのです。

先日、上司に電話をして来週の仕事終わりに面談をする約束を取り付けました。

きっかけはとある日の仕事中のことでした。

私が事務所で仕事をしていると、クライアントが私のところへやってきて話し掛けてきました。

「どう、順調?」

「ええ、今のところは」

「あのさ、次年度の案件のことなんだけど…」

年度の終わりが近づくと次年度の案件の話が舞い込んでくるようになります。

しかし私は今年度いっぱいで辞めるつもりなので、次年度の話をされても文字通り他人事でしかありません。

このまま話がどんどん進んでしまうと非常にまずいことになるのは明白です。

次年度の案件が固まらないうちに辞意を表明する必要があります。

そんなわけで急遽、来週の仕事終わりに面談する約束を取り付けたという次第です。

ちなみに電話では面談をしたいということしか言っていません。上司のほうからも特に何も聞いてきませんでした。

しかしおそらくですが、上司は何割かは勘付いているのではないかと思います。

今まで自分から面談をしたいなどと言ったことがない人間が突然電話を掛けてきて面談をしたいと言ってきたのだから、それなりに重要な話をされるのではという予想は立てていることと思います。

兎にも角にも来週です。面談の内容は記事にしますので乞うご期待。