30代独身IT派遣の資産形成

新参フリーランスの資産形成

投資・キャリアアップで資産形成し30代でのセミリタイアを目指します。

2018年の振り返り

f:id:whitia1:20181224162424j:plain

もう少しで2018年も終わってしまいますねぇ。今年にあった出来事を振り返ってみます。

 

仮想通貨の大暴落

今年の初めに仮想通貨の大暴落がありました。一時は200万円までいったビットコインの価格も、今では30万円くらいになっているでしょうか。

実は私も仮想通貨を買っていました。売却タイミングを完全に逃し、今も塩漬け状態です。

私が初めてビットコインを買ったのは2017年11月頃だったので、値上がりしたらさっさと売っていれば良かったんですが、「まだまだ上がる」という甘言にまんまと乗っかってしまいタイミングを逸してしまいました。

仮想通貨を盗難させたコインチェックの罪は大きいと思います。

仮想通貨が盗難されたのはコインチェックの杜撰なセキュリティ管理が原因です。セキュリティ管理さえしっかりしていれば、少なくともあのタイミングでの盗難はなかったと思われます。

盗難されたお金はコインチェックの元社長の個人資産から補填されることになって、世間はコインチェックを評価するような雰囲気になりましたが、根本原因はコインチェック自身にあることを忘れてはいけません。

盗難されたのはネムですが、影響は仮想通貨全体に波及しました。

あの事件がきっかけで「仮想通貨はやはり危険、信用できない」という風潮が一気に広まり、仮想通貨の大暴落に繋がったと見ています。

まあ、仮想通貨を買ったのは自分自身なので、どう転ぼうとも自分自身の責任なのは間違いありません。

仮想通貨を買ったお金は初めからなかったことにしています。

毎月公開している総資産にも仮想通貨は含まれてませんのであしからず。

 

投資を始める

仮想通貨の大暴落を経験し、「投資って怖い…」と思いました。しかし、私は投資自体をやめようとは思いませんでした。

次に手を出したのがロボアドバイザー。WealthNaviとTHEOに登録しました。

www.toushikiso.com

ロボアドバイザー(通称ロボアド)は、資産運用のアドバイスや補助をしてくれるサービスです。自分に合った投資信託の診断や、運用プランの提案、自動での資産運用などができます。

私は完全お任せの自動資産運用を利用していました。

投資のことに無知でも資産運用ができるのでとても楽なんですが、信託報酬が1%なので金融商品としては割高です。

投資について右も左も分からない状態であれば、お試しで少しやってみるのもいいと思います。投資の雰囲気だけでも味わいたいという人にはおすすめです。

私も軽い気持ちでしばらく使っていましたが、投資のことについて調べているうちにロボアドはあまり良くないということがわかってきたので、3ヶ月ほどで撤退しました。

たったの3ヶ月なので損益はほとんどありませんでした。

AIがもっと発達して、信託報酬が0.4%くらいにまで下がったら本格的に利用してみてもいいかもしれません。

その後は他のインデックス投資家たちの見よう見まねでポートフォリオを作り、毎月コツコツとインデックス投信を積み立てています。

 

フリーランスになることを決意

かねてから転職のことは頭にありました。

人から職業を聞かれたときに「IT系です」とは言えるけど、なかなか「IT派遣です」とまでは言えないものです。

このままIT派遣として働き続けていると、いずれ自分より年下のクライアントが現れてくるようになります。私は(不相応に)プライドが高いので、年下のクライアントに指示されるのは我慢できません。

IT派遣では出世も望めないし、そもそも出世したところで煩わしい人間関係がより一層煩わしくなるだけです。

それならいっそ働かなくてもいいくらいの資産形成をして社畜から卒業したいと考えるようになりました。

資産形成はIT派遣のままでもできなくはないでしょうが、フリーランスになれば年収が上がるので資産形成のスピードを上げることができます。

そうと決まってからは毎日のようにフリーランスのことについて調べ続けました。

ネットで調べるだけでなく、実際にフリーランス専門のエージェントと面談もしました。

後は勇気を出して一歩を踏み出すだけです。

 

総括

年初の仮想通貨大暴落がつい先月くらいのように感じます。もう年ですね。

普段生活しているときはそれほどでもないですが、こうして過去を振り返ったときに過去の出来事がつい最近のように感じると、「時間が過ぎるのは早いな」という思いになります。

今年は少しでも進めたのだろうか。進む方向はあっているのだろうか。

気持ちは焦るばかりです。