30代独身IT派遣の資産形成

新参フリーランスの資産形成

投資・キャリアアップで資産形成し30代でのセミリタイアを目指します。

エージェントとのスキル面談(1) -ワークポート-

f:id:whitia1:20181215085211j:plain

先日、転職エージェントのワークポートと電話でのスキル面談を行いました。

※ワークポートはIT業界に特化した転職エージェントです。

 

求人数について

私は学校を卒業してずっとIT業界で働いているので、IT関係の仕事くらいしかできません。しかし、私の地元はかなりの田舎なので、まずIT企業がほとんど存在しません。

今のIT派遣会社に再就職するときも、限られた選択肢の中から選ばざるを得なかったのでかなり妥協したのが現実です。

そのときはハローワークの求人のみだったんですが、転職エージェントを使えばもっと多くの求人があるんじゃないかと思い質問してみました。

「私の住んでいる地域にIT企業の求人はありますか」

「あまり多くありませんが、あります」

後日、どんな求人があるのか送ってもらったのですが、ハローワークで探すよりずっと多くの求人があるようでした。

また求人要項についても、ハローワークにある求人よりも全体的にいい条件のものが多くある印象を受けました。

選択肢の幅を広める意味でも、転職する際は転職エージェントの利用は必須でしょう。

 

求人内容について

IT業界と言っても、就労形態によっていくつか選択肢があります。

IT従事者が選ぶことができる選択肢について、以下の記事で私の考えを書いています。良ければご覧ください。

whitia.hatenablog.jp

whitia.hatenablog.jp

whitia.hatenablog.jp

whitia.hatenablog.jp

フリーランス以外は基本的に求人情報から応募することになります。とは言え、日本の現状だとほとんどがIT派遣の求人なので、社内SEやベンチャー企業の求人もあるのか聞きました。

「社内SEやベンチャー企業の求人はありますか」

「社内SEの求人はあります。ベンチャー企業の求人はあまり多くはありませんが、あります」

後日、送られてきた求人情報を見ると、ほとんどがIT派遣と思われる求人でしたが、確かに社内SEやベンチャー企業の求人もあるようでした。

ただ、やはりIT派遣の求人が圧倒的に多かったです。日本のIT技術者が軽んじられている証拠ですね…

ベンチャー企業はそもそも東京で起業するケースが多く、必然的に求人も首都圏に集中してしまうとのことでした。

 

年収について

転職するときの動機の多くは年収だと思います。

私も今の年収に不満を持っているため転職しようと思い立ちました。

しかし、転職をしたからと言って必ず年収があがるという保証はありません。

私の場合、今のIT派遣会社を辞めた後の選択肢としてフリーランスも検討していたため、フリーランスと同じくらいの年収アップが望めるのかを聞きました。

「年収を200万円あげられる可能性はありますか」

「年収をいきなり200万円あげることは難しいです。最初から年収アップを狙うのではなく、定期昇給のある企業に勤めてコツコツあげていくのが無難です」

期待はしていませんでしたが、さすがにいきなり200万円アップは無理そう。

私は最終的にアーリー(セミ)リタイアを目指しているので(早ければ早いほど良い)、コツコツと社会人を続けるつもりは毛頭ありません。

 

総括

初めて転職エージェントを利用してみましたが、思っていた以上に使えると思いました。

私の場合、登録してからわずか数日後に電話面談を行いました。平日の仕事終わりで、しかも長電話だったにもかかわらず、最後まで親身になって対応してもらいました。

しかも、なんと言っても無料で利用できるという点は大きいです。転職する人にとっては利用しない手はないでしょう。